英会話上達法!もっと自由に英語が話せるようになるコツとは?

 

社会人になってから英会話の勉強を始める人も多いと思います。

日本では今や小学生の頃から学校の授業で英語を学んできています。

 

でも、周りを見て英語が話せる人はどれくらいいますか?

何年も英語を習ってきたはずなのに英語で会話することができないのは何故でしょうか?

 

それは、英語の勉強はしてきたけど英会話の勉強をしてこなかったからです。

 

今回は、英会話習得における効率的な勉強法や、英会話の勉強をする上での注目点をご紹介致します!

 

英会話習得が英語の勉強をしても出来ない原因は?

 

今まで行ってきた英語の勉強は、試験合格や資格取得などを目指している際に、机に向かって自分1人でも出来る勉強だったと思います。

 

英語を話して覚えるというよりは、読み書きで覚えていく方法です。

 

英語の勉強をイメージするならこんな感じ!

 

しかし、学生時代英語が得意だった人や英語の資格を持っていても英語が話せない人はたくさんいます。

英語の知識は豊富だけど、英会話の経験がないからなのです。

 

つまり、英会話に必要なのは「英語で話す」という経験なのです。

 

読者様
私も学生時代、英語得意だったけど、英会話はできないわね〜
ナツ
大丈夫だよ!英語が得意だったなら英会話の勉強をすれば必ず英語で話せるようになるから!

 

 

学校での英語の勉強は無駄だった?

 

私たちは、学生時代何年もの間英語の勉強をしてきました。

それなのに、英会話ができない人の方が多いのが現実です。

 

では、学校での英語の勉強は無駄だったのでしょうか?

 

いいえ、そんな事は有りません。

 

学校で習ってきたおかげで、誰でも多少なりとも英語の知識があります。

英語の基本形態を知っているのです。

 

読者様
「ユーディディット」は(やったじゃん!)「グッジョブ」は(よくやった!)だよね?これなら私にも読めるわね〜

 

簡単な英語なら誰でも知っているし、読むこともできます。

ですから、学校を卒業して何年かして英会話の勉強を初めてもゼロからのスタートよりも上達しやすいのです。

 

 

英会話の勉強をする上での注目点とは?

 

英会話とは、他言語と同じコミュニケーションツールの一つです。

 

英会話の勉強は人と人が英語を使って会話をするという経験が必要なのです。

 

私たち日本人の多くは、英語の知識はあります。でも、英会話の経験がないため、英語でコミュニケーションを取ることができません。

 

英会話を習得するためには、英語で会話をする練習を積み重ねる必要があります。

英会話力をアップしたい方は、こちら↓↓の関連記事もご参考にしてみてください。

【英会話上達に効果的】映画で英語を身につけるコツ&厳選映画20選

2019年7月3日

 

英語の勉強で学んだ英文法は英会話に必須!

 

「英文法」と聞いただけで、英語の勉強を敬遠する人もたくさんいるようです。

でも、英会話には英文法はある程度分かってないと学んでいる内に壁にぶち当たります。

 

簡単な英会話だけで済めばいいのですが、レベルアップしていくうちにやはり英文法を分かっていないと文章を作ることができなくなってきます。

 

読者様
英語が苦手だったのは文法のせいなのよね〜
ナツ
英会話習得のコツが分かれば、文法を気にせず自然と話せるようになるよ!

 

だからといって、学校で習った英語の勉強のように「to不定詞」がとか、「SV」、「SVO」とか考える必要はありません。

英会話は相手の言っている事に対して瞬時に理解し、答えなければならないのでそもそもそんな事は考える時間はないからです。

 

私たちが日本語を話すとき、文法なんて気にしないですよね。

それは、生まれたときから毎日のように話しているから自然と会話の中に文法が含まれているからです。

 

私たちが新たに語学を勉強する場合、今から英語を只聞いただけで自然と文法を含めた形式で話せるようになるのは難しいのです。

 

なぜなら、もう既に私たちの中には「日本語」という言語が根本にあるためです。

 

英会話は「ルール」をイメージする

 

英会話をするとき、頭の中で英文法を考える必要はありません。

その代わり、英会話の「ルール」を知る必要があります。

 

例えば、「テーブルの上」を表現する場合、3つの「前置詞」を使って次の通りになります。

 

  • on the table
  • over the table
  • above the table

 

「on」を使った場合、

 

  • on the wall(壁に掛かっている、または壁に貼っている)

と表現するときもあります。

 

すると、「on」のイメージはただ「〜の上」というイメージではなくなります。

「〜の上」というイメージに「接触している」というイメージもプラスされます。

 

There is a book on the desk.(机の上に本があります)

 

 

そして、

「over」は「〜の上」というイメージに「覆っている」というイメージがプラスされます。

 

The cloth is over the table.テーブルの上にクロスがかけてあります。)

 

 

「above」は「〜の上」にというイメージに「接触していない」というイメージがプラスされます。

 

Some butterflies are flying above some flowers.(蝶が花の上を飛んでいます。)

 

この様に、イメージで頭の中にインプットします。

 

英会話の勉強は日本語に翻訳しなくてもOK!

 

英会話の時、いちいち頭の中で日本語に翻訳していたら会話が進みません。

会話を進める為には、普段から英語を英語のままで理解する必要がありますので、やはりイメージをそのまま頭の中にインプットしていくことが大切となってきます。

 

一番有効なのは、英語音声の動画や映画を見たり、洋楽を聴いたり、洋書を読んだりすることです。

 

それではここで、ビートルズの有名な曲「LET IT BE」の歌詞の一節を例にあげて見ます。

 

LET IT BE byビートルズ

When I find myself in times of trouble, Mother Mary  come to me, Speaking words of wisdom, let it be.

 

この部分だけを日本語の文章に翻訳するのも結構難しいと思います。

ちゃんと意味が分かるようにするにはある程度意訳が必要です。

 

でもちゃんと翻訳する必要はありません。

 

マリア様
Let it be.
マリア様・・・

 

何となく、イメージが掴めればOKです。

日本語訳
「私が困っているとき、マリア様が来て良いこと言ってくれた『そのままで大丈夫だよ』って」

と無理矢理日本語にすると、こんな感じです。(かなり端折ってます)

 

意訳なので人によって違いが出ると思いますが、様は大体のイメージがつかめればいいのです。

 

日本語に翻訳するのではなく、頭の中にイメージすることが大切です。

 

最初から英語を英語のまま理解するのはちょっと難しいかもしれません。

 

でも、考えて見て下さい。

「Hello.」とか「Thank you.」と言われて、わざわざ頭の中で日本語に訳す人は少ないと思います。

英語を英語のまま理解できているのです。

 

何故なら、何回も聞いて頭の中にインプットされているからです。

 

外国人女性
Do you speak English?
ナツ
Yes!

 

その他にも

「Do you speak English? 」

と聞かれて、すぐに「No.」と答えられるならあなたは英語を英語のまま理解できているのですよ。

 

他のフレーズでも、毎日聞いていれば徐々にインプットされるフレーズが増えていきます。

 

英語を英語のまま理解できるようになると英会話がもっとスムーズにできるようになります。

 

 

英会話上達のコツを掴んで英語を話せるようになろう!

 

英会話が上達する為にはイメージが大切です。

普段から、日常の生活の中で英語で考えるクセを付けるようにするとイメージが掴みやすくなります。

それを声に出して言ってみると更に英会話の時、すらすら英語のフレーズが出るようになります。

 

そして、英会話がもっと楽しくなりますよ!

 

 

\ オンライン英会話おすすめ3選 /

★今オンライン学習が人気です★

第1位 ビズイングリッシュ

第2位 ネイティブキャンプ

第3位 エイゴックス

★ランキング結果の詳細はこちらから

\ 英会話スクールおすすめ3選 /

★海外で働くことが夢なら★

第1位   Gaba

第2位  プログリット

第3位  ライザップイングリッシュ

★ランキング結果の詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です