【お悩み解決】語学力を就職に活かす方法と考え方とは?

 

これから就職先を探す大学生の皆さん!

 

これから就職について考え始める高校生の皆さん!

 

就職先の選び方って難しいですよね。

 

私もずーっと悩んでいました。

 

「英語が好きで勉強してきたけど、就職に活かせないかな?」

 

「私むしろ、英語しかできない…」

 

そのような状況で、悩む人もいるでしょう。

 

友達に相談しても、贅沢な悩み!って一撃されてしまったり…。

 

1人でグルグル考えてしまうこともありますよね。

 

今回はそんな読者様の悩みを解決するべく、このようなテーマを選びました!

 

題して、『お悩み解決!語学力を就職に活かす方法と考え方!』

 

語学力と就職について、一緒に考えてみましょう!

 

 

そもそも語学力とは?

 

大学生
そもそも、どこからが語学力があるってことになるの?

 

なつ
語学力の判断基準って難しいよね。

 

語学力の熟達度をはかる物差しとして、CEFR(セファール)というものが使用され始めています。

 

CEFR(セファール)とは

「外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR: Common European Framework of Reference for Languages)」は、言語の枠や国境を越えて、外国語の運用能力を同一の基準で測ることが出来る国際標準です。
CEFRは、学習者、教授する者及び評価者が、外国語の熟達度を同一の基準で判断しながら、学び、教え、評価できるように開発されました。CEFRの等級はA1、A2、B1、B2、C1、C2の6段階に分かれており、その言語を使って「具体的に何ができるか」という形で言語力を表す「can-do descriptor」を用いて分かりやすく示しています。

引用:British Council

 

しかし就職試験における語学力には、今のところ、明確な線引きはありません。

 

  • スピーキングができなくても、リーディングが得意な人
  • ビジネス英語をあまり知らなくても、スピーキングができる人

 

このように企業によって、求める語学力にも違いがあるんです。

 

大学生
じゃあどうやって語学力をアピールしたらいいの〜?

 

なつ
さっき明確な線引きはないって言ったけど、持ってると強い4つの武器があるよ!

 

就職試験の時に、語学力をどうアピールするかは後ほどご紹介します!

 

ここではまず、持っていると強い4つの武器についてご説明しますよ~♪

 

 

持っていると強い4つの武器!

 

大学生
4つの武器ってなんかゲームのアイテムみたい!

 

なつ
でしょでしょ♪
武器って言うとふざけてるようだけど、就活も楽しくやらなきゃ心が持たないからね!

 

就職活動は長く孤独に感じることもあります。

 

まだ就職活動に入っていない人にとっては、道のりも遠く感じますよね。

 

アイテムを手に入れて、ボスを倒そう!

 

このような感覚で挑むと、就活も楽しくなりますよ♪

 

ではさっそく4つの武器を発表します!

 

①TOEIC

 

英語に特化した企業に就職したい場合、1番の目安になるのはTOEICです。

 

TOEICのスコアで語学力を判断する。

 

そのように考える企業は多いんですよ。

 

英語をアピールして就職したい場合、スコアは700点以上あるといいといわれています。

引用:国際ビジネスコミュニケーション協会

 

 

TOEICの勉強法については、こちらの記事も参考にしてみてください!

 

 

 

②英検2級以上

 

TOEICの他に、英検も役立つ資格です。

しかし英検の場合、強力な味方になるのは英検2級以上です。

 

通訳翻訳など、本格的な英語の仕事に携わりたい場合は、英検1級を持っていると有利ともいわれています。

 

なつ
英検1級所持者は数パーセントだから、持っていると努力や本気度も伝わりやすいよ!

 

 

③英語 + 他言語

 

世界共通語である英語に長けていると武器になります。

 

英語に加えて他の言語も得意だとすると…チビマリオがクッパを倒すような強さがあります!

 

引用:魁!マリオ塾

 

英語の他で身につけると良い言語に、決まりはありません。

 

  • 興味がある言語
  • 活かしたい方向性

 

この2つがカギとなります。

 

他言語を習得するのは簡単ではないですよね。

 

就職のためと思っても、興味がなければ身につきません。

 

就きたい仕事のジャンル的にこの言語の方がいい!

 

このような方向性があるなら、その言語を身につけると役立ちますよ!

 

 

④英語を使った経験を増やす

 

テキストを使った学習以上に、英語を使った経験はあなたの強い味方になります。

 

活かせる経験
  • 帰国子女
  • 留学(1年以上が望ましい)
  • 海外でのインターン
  • 英語を使ったボランティアやバイト

 

海外に行く時間やお金がない!という人は、国内で英語を使う経験をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

おすすめの就職先はここだ!

 

ここまで、持っていると強い4つの武器をご紹介しました。

 

なつ
4つ全ては無理でも、TOEICや英検といった資格だけでも武器になるよ!

 

役立つ資格については、こちらの記事でも詳しくご説明しています。

 

 

ここからは、英語を活かせるおすすめの就職先をご紹介します!

 

 

日常会話レベルの仕事

 

大学生
ビジネス英語に自信はないけど、話すのが好き!

 

そう思う人に向いている仕事はこちらです!

 

日常会話レベルの仕事
  1. サービス業のスタッフ
  2. グランドスタッフ

 

①サービス業のスタッフ

 

サービス業とは、テーマパークや飲食店のことです。

 

東京オリンピックを控えた今、外国人を見かける頻度も増えましたよね。

 

そのような外国人が飲食店やテーマパークを訪れたときに、英語でサポートする仕事がこちらです。

 

なつ
公共施設の英語スタッフをイメージすると、わかりやすいかも!

 

②グランドスタッフ

 

空港を訪れる外国人を見かけることも多いですよね。

 

グランドスタッフが、搭乗手続きや案内を英語で行う機会も増えています。

 

なつ
親しみを込めてカジュアルな英語で案内をすることも多いわ!
ガチガチのビジネス英語に抵抗がある人におすすめよ♪

 

ビジネスレベルの仕事

 

英語にある程度自信があり、ビジネス上の会話にも抵抗がない!

 

そういう人に向いている仕事が以下のものです。

 

ビジネスレベルの仕事
  1. ホテルスタッフ
  2. 客室乗務員(CA)
  3. 留学カウンセラー

 

①ホテルスタッフ

 

日本に旅行や出張で来ている外国人は、ホテルに泊まりますよね。

 

そのような外国人を英語で対応するのも、ホテルスタッフの大事な務めです。

 

おもてなしの心を大切に英語で対応すると、お客さんの信頼度もあがります。

 

なつ
ホテルスタッフは、リスニング力とスピーキング力が特に求められてるんだって!

 

ホテルに来るのは英語圏の人だけではありません。

 

中国語や韓国語など、他言語にも対応できるスキルがあると強みになりますよ!

 

②客室乗務員(CA)

 

毎年、人気の就職先にランクインする客室乗務員

 

国際便のCAになりたければ、特に高い英語力が求められます。

 

CAが英語を使う機会
  • 乗客に対する接客
  • スタッフとの連絡
  • パイロットとのやりとり

 

このように、乗客からスタッフまで、英語を使う機会は多岐にわたります。

 

客室乗務員採用試験において、TOEICスコアの提出を義務付けている航空会社も多いですよ。

 

大学生
ちょっとでもCAを考えるなら、TOEICは受けておいた方がいいね!

 

なつ
うん。最低でも600点は持っている必要があるみたいよ!

 

③留学カウンセラー

 

留学カウンセラーとは、留学希望者のサポートをする仕事です。

 

留学に関する情報を提供したり、留学できるように手配したりするんです。

 

高校生
なんとなく、日本語だけでもやっていけそうな気もするけど…?

 

なつ
現地の学校や航空会社と交渉する仕事もあるわけよ。日本語が通じない場合もよくあるの。

 

国や学校によっては日本人スタッフがいる場合もあります。

 

しかしそのようなケースは少なく、留学カウンセラーが英語でやりとりをすることも多いんですよ。

 

留学カウンセラーは読み書き・スピーキングなど、全体的な英語力が求められます。

 

上級者レベル

 

上級者レベルとは、日常会話もビジネス会話もこなせるレベルのことです。

 

高校生
ひぃ〜!めちゃくちゃレベル高そう…

 

上級者レベルが求められる就職先はこちらです。

 

上級者レベルの仕事
  1. 海外営業
  2. 通訳者
  3. 翻訳家

 

①海外営業

 

海外営業の花形と言えば、商社マンをイメージしますよね。

 

なつ
英語バリバリの商社マンなんて、かっこいいよね~!

 

海外営業マンとなると、世界を相手に取引することになります。

 

日本語で商取引をするのも難しいのに、英語でとなると…レベルの高さも段違いですよね。

 

取引をスムーズに、かつ有利に進めるためにも、幅広い英語力が求められます。

 

英語以外の言語も堪能だと、会社から重宝されるのも言うまでもありません。

 

なつ
海外営業マンになりたい人は、英語以外にも力を入れているとアピールになるよ!

 

②通訳者

 

英語を使った高度な仕事としてイメージしやすいのが、通訳者ではないでしょうか。

 

イメージ通り、通訳の仕事はレベルがとても高いです。

 

通訳者の役割は、言語を言い換えることだけではありません。

 

異なる言語を話す双方の、スムーズなコミュニケーションも大事な仕事です。

 

そのためにも、内容や意図をくみ取り、適切に伝えることも大切になってくるんですよ。

 

なつ
なんて難しい職業なんだ!
でも通訳者ってあこがれちゃう!

 

③翻訳家

 

通訳者より目指しやすいとされている翻訳家ですが、それでもレベルの高い職業の1つです。

 

日本人の翻訳は、英語で書かれたものを日本語に訳すケースが一般的です。

 

翻訳家は高い英語力が求められますが、それと同時に高い日本語力も求められるんです。

 

なつ
この英語を美しい日本語で~!といった要望も多いみたい…。

 

翻訳家になりたい人は、日本語を鍛えることも大切になりますよ!

 

 

就職試験でのアピール方法!

 

お待たせしました!

 

ここからは、就職試験で語学力をどのようにアピールするかをご紹介します!

 

語学力のアピール方法
  1. 履歴書に書けることを増やす
  2. 自己分析を徹底的に
  3. 志望企業 × 私 = 〇〇
  4. 努力した過程を大切に

 

留学経験をアピールする方法については、こちらをチェックしてみてください!

 

①履歴書に書けることを増やす

 

先ほど、身につけると強い4つの武器をご紹介しましたよね。

 

これらは履歴書に書けるものです。

 

資格の欄や特技の欄に散りばめると、語学力のアピールになります。

 

紹介した4つの武器以外にも、あなたらしい何かがあれば、立派なアピールになりますよ!

 

なつ
キャッチフレーズを大切にしながら書くと、面接で質問してもらいやすくなるよ!

 

②自己分析を徹底的に!

 

語学力を仕事に活かしたい!という思いは、誰もが持っているものではありません。

 

なぜ活かしたいと思うのか、その分析がなによりも大切になります。

 

  • 英語で話すのが好きだから
  • 外国人と関わりたいから
  • 語学力を活かしたいから

 

このような理由だけだと、志望理由としては薄いものになってしまいます。

 

運良く就職できたとしても、「イメージと違った」と辞めたくなるケースも多いようです。

 

語学力を活かしたいという理由を、もっと掘り下げて考えてみましょう。

 

掘り下げて考えるべきこと
  • 将来、語学力を使って何がしたいのか
  • どういう人になりたいか
  • なぜその仕事をしたいと思ったか

 

このようなことを考えることが、就職への近道にもなりますよ!

 

 

③志望企業 × 私 = 〇〇

 

自己分析ができると、志望企業や志望理由も見つけやすくなります。

 

語学力を活かして、あなたは何ができそうですか?

 

私を採用するとこんなメリットがありますよ!というキーワードを考えておくと、あなたらしさが伝わりやすくなります。

 

〇〇に入るフレーズは、大がかりなものでなくても構いません。

 

あなたらしい方程式ができると、採用者の印象にも残りやすく、あなたらしさも伝わりやすいですよ。

 

あなたらしいキャッチフレーズを、考えてみてはいかがですか?

 

 

努力した過程を大切に!

 

どれほどの語学力があるかということは、就職先によってはとても大切になってきます。

 

しかし実を言うと、語学力を身につけた過程の方が大切になってくるんです。

 

  • なぜその言語を身につけようと思ったか
  • 身につけるまでに苦労したこと
  • どのような工夫や粘りで身につけたか

 

 

面接官が聞きたいのは、あなたらしいストーリーよ♪

 

就活中に思い出しやすくするためにも、私はよく日記を書いていました。

 

感情が出やすい日記は、当時を思い出すのに持ってこいのアイテムですよ!

 

 

自己分析をして、語学力を仕事に活かす!

 

語学力を活かして就職する方法についてご紹介してきました。

 

  • 就職に活かせる4つの武器について
  • おすすめの就職先
  • 就職試験でのアピール方法

 

語学力を就職に活かしたいという気持ちはもちろん大切ですが、言語はツールの1つだということも忘れずにいてください。

 

言語を使ってなにをやりたいか

 

これが1番のカギになってきますよ!

 

将来の進路を考えるにおいて、悩みが少しでも解決する記事になっていますように…。

 

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました♪

 

 

\ オンライン英会話おすすめ3選 /

★今オンライン学習が人気です★

第1位 ビズイングリッシュ

第2位 ネイティブキャンプ

第3位 エイゴックス

★ランキング結果の詳細はこちらから

\ 英会話スクールおすすめ3選 /

★海外で働くことが夢なら★

第1位   Gaba

第2位  プログリット

第3位  ライザップイングリッシュ

★ランキング結果の詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です