Healthy and Delicious! Various Types of Sushi in Japan

Contributor Information(投稿者情報)

Article Title記事きじタイトル):

Healthy and Delicious! Various Types of Sushi in Japan
ヘルシーでおいしい!いろいろな種類しゅるい日本にほん寿司すし


Contributor投稿者とうこうしゃ):

Luka(るか)

Country of residence在籍国ざいせきこく):

Japan日本にほん

Comment(コメント):

Nice to meet you! My name is Luka. I live in Chiba (next to Tokyo)  in Japan. Chiba is famous for its fish, meat ,vegetables and fruit.I love a good meal! I’m learning English, so I tried writing this article in English. I hope you enjoy reading it!

はじめまして!るかです。わたしは日本の千葉ちばんでいます。千葉はさかなにく野菜やさい果物くだもの有名ゆうめいです。私はおいしいものが大好だいすきです!私は英語えいご勉強べんきょうしているので、この記事きじを英語でいてみました。これをんでたのしんでいただけるとうれしいです!

 

 

 

 

When it comes to Japanese food, what do you think of?
Do you think of sushi, sukiyaki, tempura, ramen and shabushabu?

Sushi is one of the most popular Japanese food all over the world.

日本にほんものえば、なにおもかべますか?
寿司すし、すきやき、てんぷら、ラーメンやしゃぶしゃぶを思い浮かべるでしょうか?

寿司は世界中せかいじゅう一番人気いちばんにんきのある日本食にほんしょくのひとつです。

I remember I had a great time celebrating the New Year with my family and my relatives enjoying sushi together as a child.

This time, I wrote about various types of sushi in Japan!

わたしどものころ、家族かぞくしんせきといっしょに寿司をべながら、新年しんねんをおいわいしたことを思いします。

今回こんかいは、いろいろな種類しゅるいの日本の寿司についていてみました!

 

 

Nigiri-zushi (Hand-formed Sushi) にぎり寿司ずし

 

There are two main types of sushi in Japan, “Nare-zushi”(aged sushi) and “Haya-zushi”(fast sushi).

“Nare-zushi” has been around since the 8th century AD in Japan, and is made with fish racto-fermented with cooked rice and salt.

日本の寿司は、「なれ寿司」はや寿司ずしおもに2つのタイプがあります。

「なれ寿司」は紀元きげん8世紀せいきごろから日本にあり、はんしお乳酸発酵にゅうさんはっこうさせたものです。


“Haya-zushi”, also known “edomae-zushi”(edo-style sushi), is made with vinegared rice and seafood.
It was popular food served at street stalls in the Edo period, which was two or three times larger than today’s “nigiri-zushi”.
Toppiing of “Haya-zushi” was seasoned with soy source, vinegare and “konbu”(kelp).

早寿司はやずし」は、「江戸前寿司」えどまえずしとしてもられていて、酢飯すめし魚介類ぎょかいるいつくられています。
それは江戸時代えどじだい屋台やたいされていた人気にんきもので、いまの「にぎり寿司」の2、3ばいおおきさでした。
「早寿司」のネタはしょうゆ、昆布こんぶ味付あじつけされていました。

“Nigiri-zushi” is one of  the “haya-zushi”, is a small cylinder-shaped rice ball placed toppings on it with “wasabi”(Japanese horseradish) paste.

You can find it everywhere in Japan, from cheap conveyor-belt sushi restaurants to high-class sushi restaurants.

Here are some of the popular “nigiri-zushi” in Japan!

「にぎり寿司」は「早寿司」のひとつで、ちいさな俵型たわらがたのご飯のうえ「わさび」といっしょにネタがっています。

「にぎり寿司」は、やす回転寿司屋かいてんずしやから高級こうきゅうな寿司屋まで、日本じゅうどこにでもあります。

日本で人気にんきのある「にぎり寿司」をいくつかご紹介しょうかいします!

 

Maguro(Akami) (Lean Meat of Tuna) マグロ(赤身あかみ

Winter is the best season for wild tuna.
“Maguro(Akami)” is a part of body with little fat and has a strong and refreshing flavor.

During the “Edo” period, people used to marinate lean meat of tuna in soy source,“sake”(Japanese rice wine),“mirin”(sweet rice wine with a lower alcohol content than sake)  to preserve it.

天然てんねんのマグロのしゅんふゆです。
「マグロ(赤身あかみ)」は脂身あぶらみすくない部位ぶい濃厚のうこうでさっぱりとしたあじです。

江戸時代えどじだいには、人々ひとびとはよく、マグロの赤身を保存ほぞんするために、しょうゆ、「さけ」、「みりん」にけていました。

 

 

Chutoro (Medium-Fatty Tuna) ちゅうトロ

“Chutoro” is taken from belly and back of the tuna.
It has a low acidity and a good balance of flavor and sweetness from the lean meat and fat.

“Toro” means melt in Japanese.

ちゅうトロ」はマグロのおなか背中せなかからります。
酸味さんみすくなく、赤身あかみ脂身あぶらみからのうまあまさがバランスよくあります。

「トロ」とは日本語にほんごでとけるという意味いみです。

 

 

Otoro (Fatty Tuna)おおトロ

“O-toro” is a soft fatty part of tuna with a rich flavor and a-melt-in-your-mouth texture.

Although it is one of the most popular topping today, it was discarded during the “Edo” period because it was easily rotten and fatty.
I know, it’s hard to believe, isn’t it?

 「おおトロ」は、濃厚のうこうなうまくちなかでとろけるような食感しょっかんのあるやわらかいマグロの脂身あぶらみ部位ぶいです。

今日こんにちではもっと人気にんきのあるネタのひとつですが、江戸時代えどじだいではいたみやすくあぶらおおいという理由りゆうてられていました。
しんじられないですよね?

 

 

Katuo (Bonito)カツオ

“Hatsu-gatsuo”(bonito caught in spring) has a refreshing sour taste and “Modori-gatsuo”(bonito caught in autumn) has a strong sweetness from its fat.

“Katsuo” is often served with green onions, grated ginger, grated garlic and citrus fruits.
“Katsuo-no-tataki” made from seared bonito is also delicious.

はつガツオ」さっぱりとした酸味さんみのある味で、もどりガツオ」脂身あぶらみからのあまがあります。

「カツオ」はよく、ネギ、おろししょうが、おろしニンニク、柑橘類かんきつるいといっしょにされます。
あぶったカツオでつくられる「カツオのたたき」もおいしいです。

 

 

Kajiki (Swordfish) カジキ

Summer is the best season for “kajiki”.
“Kajiki” is often called “kajiki-maguro(swordish tuna)” because it is similar to tuna in texture and color, but it is a different fish from tuna.

カジキのしゅんなつです。
「カジキ」は、食感しょっかんいろがマグロとているので、よく「カジキマグロ」とばれますが、マグロとはちがさかなです。

 

 

Sake (Salmon) サケ

Japanese “sake (shake)” is in season from late summer to autumn.
Although “sake” is not a traditional topping, it is one of the most popular options all over the world today.

It is popular for its creamy and mild flavor.

日本の「サケ」のしゅん晩夏ばんかからあきです。
「サケ」は伝統的でんとうてきなネタではありませんが、いまでは世界中せかいじゅうもっと人気にんきのあるネタのひとつです。

クリーミーでまろやかなあじ人気にんきがあります。

 

 

Buri, Hamachi ( Yellowtail, Young Yellowtail)      ブリ、ハマチ

Winter is the best season for “buri” and “hamachi”.
“Buri” and “hamachi” are same fish and have a sweet taste and a rich flavore.

“Buri” changes its name as it grows larger.
These fish are called “shusse-uo”(fish that are promoted) in Japanese.

「ブリ」と「ハマチ」のしゅんふゆです。 
「ブリ」と「ハマチ」はおなさかなで、あまみがあり、濃厚のうこうあじです。

「ブリ」は成長せいちょうするにつれて名前なまえわります。
このような魚は日本語で出世魚しゅっせうおばれます。

 

Tai (Sea Bream) タイ

Spring and autumn are the best season for “Tai”.
“Tai” caught in spring is called “sakura-dai”(cherry blossom sea bream) and the one caught in autumn is called “momiji-dai”(red leaves sea breams).

“Tai” is often served for celebrations.
It has a nice crunch, and has an elegant “umami” taste and sweetness that comes later.

「タイ」のしゅんはるあきです。
春にとれる「タイ」は「さくらダイ」ばれ、秋にとれるものは「もみじダイ」と呼ばれます。

「タイ」はおいわいによく出されます。
ほどよいごたえがあり、あとからくる上品じょうひんな「うま」とあまみがあります。

 

 

Hirame (Flounder)ヒラメ

Winter is the best season for “Hirame”.
It has a nice crunch and an elegant falvor.

The muscular part near the fin, called “en-gawa”, is very popular for its crunch and sweet taste.

「ヒラメ」のしゅんふゆです。
ごたえがあり、上品じょうひんあじです。

えらにちか筋肉部位きんにくぶいは、「えんがわ」ばれ、そのコリコリした食感食感と甘みでとても人気があります

 

 

Kanpachi(Amberjack)    カンパチ

Summer is the best season for “Kanpachi”.
It has a mild flavor of fatty meat.

“Kanpachi” is similar to yellowtail, but they are different fish.

「カンパチ」のしゅんなつです。
脂身あぶらみからの甘みがあります。

「カンパチ」はブリとていますが、ちがさかなです。

 

Kohada (Gizzard Shad)コハダ

Winter is the best season for “Kohada”.
Vinegar and salt give it the perfect “umami” flavor.

“Kohada” is a small fish and difficult to season, so it is said that the skill of a sushi chef can be judged by the taste of it.

「コハダ」のしゅんふゆです。
しおによりかんぺきな「うま味」がます。

「コハダ」はちいさい魚で、味付あじつけするのがむずかしいので、「コハダ」の味で寿司職人すししょくにんうでがわかるとわれています

 

Sanma (Pacific Saury)サンマ

Autumn is the best season for “sanma”.
Raw “sanma” sushi with green onions and grated ginger, and seared “sanma” sushi are also available. 

「サンマ」のしゅんあきです。
ネギとおろししょうがとされるなまの「サンマ」寿司や、あぶった「サンマ」寿司もあります。

 

 

Aji (Jack Mackerel) アジ

“Aji” is in season from spring to autumn.

It is served with green onions and grated ginger as a condiment.

It is also delicious with “wasabi”(Japanese horseradish) and “shiso”(Japanese herb).

「アジ」のしゅんはるからあきです。

薬味やくみのネギやおろししょうがといっしょにされます。

「わさび」「しそ」といっしょでもおいしいです。

 

 

Anago (Conger Eel) アナゴ

Summer is the best season for “anago”.

Its shape is similar to that of eels, but its taste is less oily.
It has been popular since the Edo period.

It is opened in the back and simmered in water, “konbu”(kelp), sugar, soy source, “mirin”(sweet Japanese wine) and “sake”(Japanese wine) in Kanto area, and it is grilled in a sweet soy source in Kansai area.

「アナゴ」のしゅんなつです。

かたちはウナギにていますが、ウナギよりもあぶらっぽくありません。
江戸時代えどじだいから人気にんきがあります。

関東地方かんとうちほうでは、「アナゴ」は背開せびらきにして、みず、「こんぶ」、砂糖さとう、しょうゆ、「みりん」、「さけ」でますが、関西地方かんさいちほうでは甘辛あまからいたれできます。

 

 

Tako (Octopus) タコ

“Tako”is in season from spring to summer.
It is juicy and tasty as you chew it.

「タコ」のしゅんはるからなつです。
みずみずしくむごとにあじわいがあります。

 

Ika (Squid) イカ

Each type of “ika” has a differnt season.
“Ika” sushi was cooked in water, sugar and soy source and served in the Edo period.

「イカ」の種類しゅるいごとにしゅんちがいます。
江戸時代えどじだいでは、「イカ」の寿司は、みず砂糖さとう、しょうゆで調理ちょうりされてされていました。

 

 

Hotate (Scallop) ホタテ

Many of “hotate” are farmed, so they can be served all year round.
It has a soft texture and a sweet taste.

おおくの「ホタテ」は養殖ようしょくされているので、一年中いちねんじゅうあります。
やわらかい食感しょっかんあまみがあります。

 

Tamago-yaki (Omelet)    玉子焼たまごや

“Tamago-yaki” is said to have originated from “kasutera”(the Netherlands’ sponge cakes) that were popular in Edo.
Each sushi restaurant has its own unique taste for “tamago-yaki”.

「玉子焼き」は、江戸時代えどじだいに人気があった「かすてら」がはじまりとわれています。
寿司には、それぞれ独自どくじの「玉子焼き」のあじがあります。

 

Kuruma-ebi (Japanese Tiger Prawn) クルマエビ

Wild “kuruma-ebi” is in season in winter and farmed one is in season in summer.
It is one of the traditional “nigiri-zushi”, and is called the king of sushi topping.

天然てんねんの「クルマエビ」のしゅんふゆで、養殖ようしょくもの旬はなつです。
伝統的でんとうてきな「にぎり寿司」のひとつで、寿司ネタの王様おうさまばれています。

 

 

Ama-ebi (Sweet Shrimp)  アマエ

“Amaebi” is in season from autumn to winter.
It has a soft meat and a sweet taste.

「アマエビ」のしゅんあきからふゆです。
やわらかいで、あまみがあります。

 

 

Various Other Japanese Sushi そのほかのいろいろな日本の寿司

 

There are many other kinds of sushi besides “nigiri-zushi” in Japan.

Then I’d like to introduce other 5 types of sushi!

日本には「にぎり寿司」のほかにもたくさんの種類しゅるいの寿司があります。

そこで、そのの5つのタイプの寿司をご紹介しょうかいします!

 

 

Gunkan-maki (Battleship Rolls) 軍艦巻ぐんかんま

“Gunkan-makii”, a type of “haya-zushi”(fast sushi), is made with a small cylinder-shaped rice ball placed fish roe and seasoned vegetables on it.
The sides of it are wrapped with “nori”(dried laver seaweed).

Typical toppings of “gunkan-maki” are “ikura”(salmon roe), “uni”(sea urchin), “negi-toro”(a lean meat of tuna minsed with green onions), “kani-miso”(crab innards) and so on.

「軍艦巻き」は「早寿司はやずし」のひとつで、はんちいさい俵型たわらがたにしたものでつくられ、そのうえ魚卵ぎょらん野菜やさいのあえものがのっています。側面そくめんが「海苔のり」でつつまれています。
軍艦巻きの代表的だいひょうてきなネタは、「いくら」、「うに」、「ねぎとろ」、「かにみそ」などです。

 

Maki-mono (Sushi Rolls)  まきもの

“Maki-mono”, a type of fast sushi, are usually made with vinegared rice, fish, omelet, veggetables and a “nori”(dried laver seaweed) sheet.

In Kanto area, it is called “nori-maki” and there are three kinds of rolls: thin, medium and thick.
In Kansai area, it is called “maki-zushi” and usually refers to a thick roll.

「巻もの」は、早寿司はやずしのひとつで、酢飯すめしさかな玉子焼たまごやき、野菜やさい海苔のりつくられます。

関東地方かんとうちほうでは、海苔巻のりまき」ばれ、ほそ巻き、ちゅう巻き、ふと巻きの3種類しゅるいがあります。
関西地方かんさいちほうでは、寿司ずしと呼ばれ、太巻きのことをします。

Typical Ingredients of  “maki-mono” are fish, cucumber, “natto”(fermented soybeans), “kanpyo”(dried gourd shavings), “tamago-yaki”(seasoned omelet) and so on.

「巻もの」の代表的だいひょうてき材料ざいりょうは、マグロ、きゅうり、「納豆なっとう」、「かんぴょう」、玉子焼たまごやきなどです。

Sometimes a sheet of “tamago-yaki”(seasoned omelet) is used instead of a sheet of “nori”(dried laver seaweed).

There are also “soba-zushi”(buckwheat noodles sushi) and “okara-zushi”(soy pulp sushi).

“Temaki-zushi”(hand-rolled sushi) is also popular in Japan, but it is usually home-style sushi.

海苔のり」のかわりに「玉子焼たまごやき」を使つかったものもあります。

「そば寿司」「おから寿司」もあります。

手巻てまき寿司」も日本では人気がありますが、たいてい家庭料理かていりょうりです。

 

 

Chirashi-zushi (Scattered Sushi) ちらし寿司ずし

“Chirashi-zushi”, a type of fast sushi,  is served on bowls or plates with many toppings(seafood, vegetables, seasoned omelet and other ingredients) scattered on vinegared rice.

「ちらし寿司」は、早寿司はやずし一種いっしゅで、酢飯すめしうえらされたたくさんのネタ(魚介類ぎょかいるい野菜やさい玉子焼たまごやきやその具材ぐざい)といっしょにどんぶりやおさらされます

 

 

Inari-zushi (Sushi Wrap)  いなり寿司ずし

“Inari-zushi”, a type of fast sushi, is a cylinder-shaped vinegared rice ball wrapped in “abura-age”(a deep-fried soybean curd).
“Abura-age”, used for “inari-zushi”, is simmered with soy source, sugar,”mirin”(Japanese sweet wine), sake(Japanese wine).

Sometimes vinegared rice is mixed with cooked carrots and dried Japanese mashrooms which are chopped into small pieces.

「いなり寿司」は、早寿司はやずし一種いっしゅで、酢飯すめし俵型たわらがたにして「油揚あぶらあげ」でつつんだものです。「いなり寿司」に使つかわれる「油揚げ」は、しょうゆ、砂糖さとう、「みりん」、「さけ」でてあります。

酢飯すめしに、みじん切りにして調理ちょうりされた人参にんじんやしいたけをぜることもあります。

 

 

Hako-zushi (Box-Pressed Sushi) 箱寿司 はこずし

“Hako-zushi”, a traditional type of “nare-zushi(aged sushi)” in Kansai area,
It is vinegared rice stuffed into a square wooden frame, topped with ingredients such as sea bream, conger eel, shrimp and so on.

There are two types of “hako-zushi”: “oshi-zushi”(pressed sushi) and “bo-zushi”(pressed and rolled sushi stick).

箱寿司はこずしは、関西地方かんさいちほう伝統的でんとうてきな「なれ寿司」のひとつです。
四角しかくわくめられており、タイ、アナゴ、エビなど具材ぐざいうえにのっています。

「箱寿司」には、し寿司」ぼう寿司」の2つのタイプがあります。

“Battera”(vinegared mackerel sushi), a type of “oshi-zushi”, is famous in Osaka.

“Saba-zushi”(vinegared mackerel sushi), a type of “bo-zushi”(pressed and rolled sushi stick), is famous in Kyoto.

“Kakinoha-zushi”(salted mackerel sushi) of Nara, a type of “oshi-zushi”, is wrapped with persimmon leaves.

大阪おおさかは「押し寿司」の一種いっしゅ「バッテラ」有名ゆうめいです。

京都きょうとは「棒寿司」の一種「さば寿司」で有名です。

奈良ならかき寿司」は、「押し寿司」の一種で、かきつつまれています。

 

Enjoy Your Favorite Sushi in Japan ! 日本の寿司をおたのしみください!

 

The various types of Japanese sushi in this article are as follows.

この記事きじのいろいろな種類しゅるいの日本の寿司は下記かきとおりです。

 

 

  • Nigiri-zushi (Hand-formed Sushi)     にぎり寿司
  • Gunkan-maki (Battle Ship Rolls)     軍艦巻ぐんかんま
  • Maki-mono (Sushi Rolls)          きもの
  • Chirashi-zushi (Scattered Sushi)    ちらし寿司
  • Inari-zushi (Sushi Wrap)          いなり寿司
  • Hako-zushi (Box-Pressed Sushi)     箱寿司はこずし

 

 

There’s too much healthy and delicious sushi in Japan to introduce all of them.
If you have a chance to come to Japan, I recommend you to enjoy your favorite Japanese sushi!

Thank you for reading to the end!

日本にはヘルシーでおいしい寿司がたくさんあって、紹介しょうかいしきれません。
もし日本に機会きかいがあれば、あなたのおりの日本の寿司をたのしんでください!

最後さいごまでおみいただき、ありがとうございました!

英語添削サービスを始めました!

私は事務局としてお手伝いしています。

今までにない全く新しい添削サービスを展開していますのでもし良かったらのぞいてみてください♪

 

たった一人から始めた添削屋さん

 

 

オンライン英会話おすすめ3選

それぞれリサーチ結果を詳しくまとめてみました♪

★今オンライン学習が人気です★

第1位 ビズイングリッシュ

第2位 ネイティブキャンプ

第3位 エイゴックス

★ランキング結果の詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です