英会話力アップ!発音がみるみる良くなる魔法の勉強法とは?

魔法
 
 
 
みなさんは自分の英語がネイティブに通じなかった!という経験はありませんか?
 
 
 
英文は正しいはずなのに、なぜか会話にならない…。
 
 
 
それはあなたの発音が原因です!
 
 
 
日本語なまりの「カタカナ英語」ではネイティブに正しく通じません。
 
 
 
なつ
私なんか、最初はカタカナ英語で通じると思っていましたから、飛行機の中で「オレンジジュース」や「ウォーター」さえも「What?」と言われていました…ははは。
 
 
 
自分の英語が相手に通じず、相手の話す英語もうまく聞き取れなかった中学時代の私…。
 
 
 
このままではまずいっ!
 
 
 
そんな時に出会ったある勉強法によって、「カタカナ英語」だった私の発音が魔法のようにみるみる良くなったんです!
 
 
 
今回はその秘密を教えちゃいます!
 
 
 
みなさんも綺麗な発音で英会話力アップを目指しましょう♪
 
 
 

発音が良くなる魔法の勉強法とは?

 

アルファベット
 
 
 
私が出会った魔法の勉強法、それは…フォニックス!!
 
 
 
フォニックス??初めて聞いたなぁ。
 
 
なつ
確かに日本ではまだ一般的に定着していないみたい…。
じゃあまずはフォニックスについて説明するよ!
 
 
 

フォニックスってなに?

 
 
アルファベットには「名前」と「」が存在します。
 
 
 
例えば、アルファベットの「A」の名前は「エィ」ですが、音は「ェア」と読みます。
 
 
 
今回教えるこの「音」の部分をフォニックス(phonics)といいます。
 
 
 
フォニックスを分かりやすく表にしてみました。
 
 
フォニックス
 
 
 
英単語は基本的に「音」の足し算です。
 
 
 
例えば、「BAG」という単語だと私たち日本人はカタカナ英語で「バッグ」と発音しがちですが、フォニックスにあてはめると「ブ・ェア・グ」
 
 
これを繋げて早く読んでみましょう!
 
 
せーの、BAG
 
 
 
かなり英語らしい発音になりましたよね?
 
 
 
ちょっと嬉しくなりませんか♪
 
 
 
英語圏では小学校に入る頃にこのフォニックスを習います。
 
 
 
こどもたちの為に開発された学習法なので、英会話初心者の大人にとってもぴったりなんです。
 
 
 

フォニックスをやってみよう!

 
A〜Zまですべての「音」はわかったけど…どうやって発音したらいいんだろう?
 
 
なつ
それじゃあ、ひとつひとつの発音のポイントを紹介するよ。口の形や舌の位置に注意してみて
 
 
 
発音のポイント
A〔ae〕
「え」と「あ」の中間のような音。顎を下げて、「え」の口を作りながら「あ」と発音します。
例:Apple・Ant
 
B〔b〕
破裂音といって、唇から息を破裂させるように「b」と発音します。
例:Bus・Baseball
 
C〔k〕
無声音といってあまり音は出ません。クックック…と笑うようなイメージで発音します。
例:Cat・Cup
 
D〔d〕
舌を前歯の裏につけて弾くように、唇は尖らせないよう発音します。
例:Dog・Drum
 
E〔e〕
「えっなに?」という時の「え」に近いイメージで発音します。
例:Elephant・Eye
 
F〔f〕
無声音といってあまり音は出ません。下唇に軽く前歯を置いて発音します。
例:Fish・Family
 
G〔g〕

喉から低い音を出すイメージで「g」と発音します。
例:Ghost・Girl
 
H〔h〕
無声音といってあまり音は出ません。寒いときに息を吐く時の「は〜」を短く出すようなイメージです。
例:House・Hat
 
I〔i〕
口を横に広げて喉から短く「i」と発音します。
例:Ink・Image
 
J〔dʒ〕
ちょっとだけ顎を出して発音します。
例:Jam・Jungle
 
K〔k〕
「c」と同じく無声音といってあまり音は出ません。クックック…と笑うようなイメージで発音します。
例:Key・Kangaroo
 
L〔l〕
舌を前歯の裏につけて発音します。
例:Letter・Lion
 
M〔m〕
唇を内側に巻き込んで発音します。
例:Monkey・Magic
 
N〔n〕
舌を前歯の裏につけた状態から弾くように発音します。
例:Nose・Nice
 
O〔o〕
口をたてにぱかっと開けて「o」と発音します。
例:Onion・October
 
P〔p〕
無声音といってあまり音は出ません。スイカの種を吐き出すようなイメージです。
例:Pen・Pumpkin
 
Q〔k〕
「c」と同じく無声音といってあまり音は出ません。クックック…と笑うようなイメージで発音します。
例:Quiz・Queen
 
R〔r〕
最も難しいかもしれませんが、舌先を巻いて喉の奥に引っ込めるイメージです。
例:Room・Rice
 
S〔s〕
歯と歯を合わせて発音します。
例:Sea・Soup
 
T〔t〕
無声音といってあまり音は出ません。dと同じく舌を前歯の裏につけて弾くような口の形です。
例:Tower・Time
 
U〔∧〕
びっくりした時の日本語の「あ」に近いので発音しやすい音です。
例:Umbrella・Uncle
 
V〔v〕
「f」と同じく下唇に軽く前歯を置いて発音します。
例:Voice・Victory
 
W〔w〕
唇を尖らせて発音します。
例:Wind・West
 
X〔x〕
クスクスと笑うイメージで発音します。
例:Box・Fox
 
Y〔j〕
低く「イェ〜イ」というようなイメージで「j」と短く発音します。
例:Yellow・Yogurt
 
Z〔z〕
歯と歯を合わせて発音します。
例:Zoo・Zebra
 
 
 
日本語とは音の出し方が全然違うね!
なんていうか、すごく英語らしい!
 
 
なつ
これから英語を話すときは、この「音」の出し方を意識してみてね。慣れると自然に「音」が出せるようになるよ。これでカタカナ英語が卒業できた時は「私、英語喋ってるじゃーん!!」って感動したなぁ。笑
 
 
 

英会話教室でアウトプットしよう!

 

アウトプット
 
 
 
発音は実際にネイティブに通じるかどうか試してみるのが一番!
 
 
 
自身で学んだことを実践する場として英会話教室を利用するのがおすすめですです。
 
 
 
発音が分からない時は、先生にこんなふうにに質問してみましょう。
 
 
 
How do I pronounce it.
 
これはどう発音すればいいの?
 
 
Please teach me the pronunciation.
 
この発音を私に教えてください。
 
 
 
英会話教室なら発音の悪い部分はネイティブの先生にその場で訂正してもらうことができますよ♪
 
 
 

フォニックスで得られる成果

 

笑顔
 
 
 
  • 英語らしい発音ができる!
  • 知らない英単語が読める!
  • 聞いて書けるようになる!
 
 
 
フォニックスを覚えると、英語らしい発音ができると共に、初めて見る単語でも7割が読めるようになると言われています。
 
 
 
残りの3割は例外もありますが、ほとんどの単語が読めるってすごいことですよね!
 
 
 
また、ネイティブの発音を聞き分けられるようになるので、聞くだけでスペルがわかるようになります。
 
 
 
フォニックスを覚えることで、みなさんの発音もみるみる良くなっていくのが実感できるはずですよ!
 
 
 
さっそく練習してみてくださいね♪
 
 
 
英会話力は話す機会を増やすことで鍛えられます、こちらの記事もぜひご覧ください。
 
 
 
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
 
 
 
\ オンライン英会話おすすめ3選 /

★今オンライン学習が人気です★

第1位 ビズイングリッシュ

第2位 ネイティブキャンプ

第3位 エイゴックス

★ランキング結果の詳細はこちらから

\ 英会話スクールおすすめ3選 /

★海外で働くことが夢なら★

第1位   Gaba

第2位  プログリット

第3位  ライザップイングリッシュ

★ランキング結果の詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です