英語の発音が上手い人はここが違う⁈知っておきたい英語の発音の特徴

突然ですが、英語の発音って難しい!と思ったことはないですか?

一生懸命話しているけど、上手く伝わらないことも多くてモヤモヤ。

私もこの壁にぶつかりました。

そして、思ったんです。

 

英語の発音が上手い人と上手くない人の何が違うんだろう?

 

そこで、発音が上手い人に聞いてみました。

驚くべきことに、発音が上手い人は日本語と英語の違いを良く理解して、発音の練習に取り組んでいたのです。

 

今回はそんな英語の発音が上手い人が意識している「日本語と英語の違い」と「伝わる英語のコツ」をお伝えしますね♩

 

日本語と英語の「声」の出し方の違い

なつ
ねぇ、有声音と無声音って知ってる?
読者様
え?何それ知らな~い!
なつ
そうだよね。日本語では全然意識されていない考え方なんだぁ。でもね、これが英語の発音でめっちゃ役に立つ考え方なんだ~!
読者様
そうなんだ!?どんな考え方なの?

 

有声音と無声音。この違いを知っておくだけで、発音への意識が変わると思いますよ♩

詳しく説明していきますね。

有声音

 

有声音とは、声帯を振動させて発音される音です。

喉に手をあてた状態で「あ~」と言ってみてください。

喉が震えているのがわかると思います。

 

「a (あ)・i (い)・u (う)・e (え)・o (お)」は母音と呼ばれ、すべて有声音です。

日本語は基本的に子音と母音が一体化しているので、有声音の言語です♩

 

英語の有声音

母音のほかに子音にも有声音はあります。

発音記号でいうと

[b] [d] [g] [v] [z] [m] [n] [l] [r]

などが有声音になります。

単語例を出すと、dog,good,voice,thatなどですね。

 

無声音

 

無声音とは、声帯を振動させずに発音される音です。

無声音は喉に手をあてても、喉の震えは感じません。

口や舌を使って声を出す音になります。

 

英語の無声音

発音記号でいうと

[p] [t] [k] [s] [h] [f]

などが無声音にあたります。

単語でいうと、pink,ticket,kick,footなど

 

二つを比べてみる

 

たとえば、「big」と「pig」を比べてみましょう。

「b」は有声音、「p」は無声音です。

下の動画を聞いて英語っぽく発音してみてください。

引用:YouTube

引用:YouTube

ふたつの単語を交互に発音したときの喉の違いがわかりますか?

なつ
私もやってみました!最初は「big」も「pig」両方とも喉が震えていると思いました(笑)

でも何度か発音してるうちに確かに違う!と感じました。

「big」は喉全体が震えていて、音を出すために喉が震えている。「pig」は喉よりも口を使っているがよくわかりました~。

 

他にも比べてみると面白いですよ♩

「cut」「back」「map」と発音してみてください。

これらは始まりが有声音、終わりが無声音です。

ずっと喉が震えている人いませんか~?

なつ
ずっと震えている人はカタカナ英語に引っ張られてる可能性がありますよ~

 

違いを知ることで認識が変わる

 

日本語には、すべて母音がついています。

そのため、「無声音と有声音」という考え方はあまりしません。

 

「ば」は濁音。「ぱ」は半濁音「は」濁らない音(清音)があることは学校で教わりますよね?

でも有声音、無声音という考え方は、これまであまり意識してきてないと思います。

 

ここが発音が上手い人との違いです。

英語を話すには「有声音と無声音」の考え方が役に立ちます。

この考え方を意識できていないから、日本人は無声音が苦手な人が多いのです!

それか、無声音で発声するべき音も有声音で発音してしまいがちになっているかです!

なつ
つまり、日本語的な発音になりがち原因のひとつは区別する認識が違っていたんですね~。

 

ここまでで大事なこと
音の出し方への認識の違いが英語を伝わりにくくしていた。

 

アクセント

発音と並んで重要なのがア・ク・セ・ン・ト です!

 

英語圏の外国人からすると、アクセントのない英語は聞き取りにくいんです。

日本語のアクセントって声の高低って意味で使われます。

例えば、「ハシ(橋)とハシ(箸)」「アメ(雨)とアメ(飴)」

アクセントというかイントネーションと言った方がわかりやすいかな?

声の上がり下がりで同音異義語でも問題なく伝えられるんですよね♩

 

英語では声の強弱がアクセントになります。

それに英語はリズム感や抑揚を大事にする言語です。

だからこそアクセントが大事!この動画をみてください。

引用:YouTube

わ、わかりにくいですね(汗)

日本人の私たちの耳でもわかりにくいですね。

英語は声の強弱がアクセントということは、ネイティブの耳もそれに慣れているんです。

つまり、アクセントがないとネイティブは言っていることがわからないのです。

読者様
あ~、ネイティブの耳が慣れてるという観点で考えたことなかったかも~。アクセントって大事なんですねぇ。
なつ
そうなんです!

 

リンキング

なつ
ここまでで有声音と無声音、アクセントの大事さをお伝えしてきました。さらにレベルアップしたい人はリンキング(単語の繋がり)も意識してみてください。

英語は単語の繋がりで発音が変わります。

Get it. ゲット イット×

Get it. ゲティ○

こんな感じで、単語と単語が繋がると発音が変わることをリンギングといいます。

英語ではリンキングされていることがとっても多いです。

少しずつ慣れていきましょうね♩

 

文字から勉強した弊害!?

これまで、学校の英語の勉強といえば読むことがメインでしたよね。

主に勉強してきたことは文法!

発音はどちらかというと後回しにされがち。

その結果、日本人は文字を追いかけすぎる癖がついてるんじゃないかな~と思うのです。

 

何度目かになるけど、英語はリズムを大切にする。

だから、英語では文字になってるのに発音しないこともあります。

例えばこちらの単語 clothes(服)

文字的にはどうでしょう?あえてカタカナで書くなら、クロースィズ? 

でも、この単語はクロースと読むのが正解です。

これは結構特殊な例です。

でも、文字より発音とか言いやすさを重視しているのはわかってもらえたんじゃないかな?

 

発音がよくなると

 

発音がよくなると、より英語が伝わるのは間違いないです♩

すると、英語を話すことがもっと楽しくなるでしょう。

次第に自分なりにコツを掴んで、英語を話すことへのハードルが下がっていきます。

さらにドンドン英語を話して、蓄えてきた知識がより繋がっていきます。

 

そして、最終的に英語を話すことは特別なことではなくなります。

英会話を続けているとそんな日が来るんです(笑)

 

英語を話すのが普通になってしまった方へ。

なつ
あえて言います。おめでとうございます!よくぞここまで来られました♩

 

そして、いま発音で悩んでる方へ。

英会話を続けていたら、英語を話すことが特別なことではなくなる日が必ず来ます。

だから、焦らずにいきましょ♪

 

こちらの記事もおすすめです。

【英語】日常会話レベルの英語が話せるようなるために必要なことは?

2019年2月18日

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

英語添削サービスを始めました!

私は事務局としてお手伝いしています。

今までにない全く新しい添削サービスを展開していますのでもし良かったらのぞいてみてください♪

 

たった一人から始めた添削屋さん

 

 

オンライン英会話おすすめ3選

それぞれリサーチ結果を詳しくまとめてみました♪

★今オンライン学習が人気です★

第1位 ビズイングリッシュ

第2位 ネイティブキャンプ

第3位 エイゴックス

★ランキング結果の詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です