「ネイティブスピーカーのように話せるようになるには」の落とし穴。

 

ネイティブスピーカーのように話せるようになりたい~!!

 

英会話を勉強する上で、ネイティブのように話すって憧れますよね。

憧れを持って、目標に向かって勉強するって素晴らしいことだと思います♩

 

ですが、英会話初心者さんの中にはネイティブに憧れるあまり、落とし穴にハマってなかなか英会話が上達しない人もいます。

 

いったいどんな落とし穴なのか、私の発見をお伝えします!

もちろん、ネイティブスピーカーのように話せるようになるコツもお伝えしますよ〜♩

 

英会話初心者がハマっちゃう、落とし穴

そもそも、みなさんが持っている「ネイティブスピーカー」のイメージってどのようなものでしょうか?

 

ネイティブスピーカーに憧れ、英会話を勉強中の友人Aちゃんに聞いてみましょう。

 

Aちゃん
ん~、そうだなぁ。。。英語を流ちょうに話して、自分の気持ちとか言いたいことをちゃんとした英語で伝えることが出来るって感じかな~。

 

なつ
なるほどね~。ところで、話は変わるけど、Aちゃん会社からの帰宅途中に困ってる外国人を見かけて話しかけられなかったって言ってなかった?

 

Aちゃん
うん。だって、わたし英語をちゃんと話せないもの。めちゃくちゃな英語じゃ伝わるかわからないし、恥ずかしいでしょ?

 

みなさん、お気づきになりましたか?

 

ちゃんとした英語、ちゃんとした文法、ちゃんとした発音じゃないといけない。

そうじゃないと恥ずかしい。

 

その思い込みこそが落とし穴です!

 

英語は話してナンボ、使ってナンボです!(なぜか関西弁)

 

なつ
「ちゃんとした英語を話せないから」なんて理由で恥ずかしがって、英会話ができるチャンスを見逃すなんてもったいな-い!!

 

この記事!ぜひ読んでほしい!

free

「英語が全くしゃべれない」そんな思い込みから抜け出そう

2019年2月20日

 

コミュニケーションには、ちゃんと話さないといけないなんてナイですから♩

 

英語を話す日本人が磨くといいもの

たとえば、道に迷ってそうな人を見かけたら

Are you OK?

これだけで十分伝わります。

中学レベルの簡単な英単語を知っていれば、道案内はできます。

 

なつ
ドンドン話しちゃお!会話したもの勝ちだよ!

 

みなさんは、なんのために英会話を勉強するのでしょう?

スキルアップのため、留学のため、など色々あるでしょう。

 

でも、一番の目的は「英語を話す人とコミュニケーションをとるため」ではないでしょうか?

 

もちろん、言葉を正しく使うことは大切です。

ですが、言葉を正しく使うより、「目の前にいる人とどれだけ向き合えるか」がコミュニケーションの基本ではないですか?

「自分の気持ちを伝えよう!」というハートは、正しい言葉使いよりも、もっと大事ではないでしょうか。

 

なつ
そんなわけで、わたしがコミュニケーションをとるのに磨いておくといいと思うものをお伝えします。

 

日本人が磨くといいもの

・表情
・声のトーン
・ボディーランゲージ

 

これらをわかりやすく解説されている動画を見つけました。

 

引用:YouTube

 

たとえば Excuse me ひとつをとっても、上の3つをどう表現するかで全く意味合いが変わってきます。

不機嫌さをアピールするために、わざと低いトーンで Excuse meというこもできます。

ちょいとごめんよ。という軽い気持ちを込めて、明るいトーンで Excuse me を使うことだってできるんです♪

 

正しい言葉やテクニックだけにとらわれていると、相互に理解することが非常に難しくなります。

 

自分が持っているものすべてを使って対話することで、難しい言葉を使わなくても会話に深みが増しますよ♩

 

なつ
さて、ここまで私が英会話の勉強を始めるうえで、テクニックより大事だと思うことをお話しさせて頂きました。次からはテクニックについてお話ししていきますね。ハートが整えば、テクニックを学ぶことがもっと楽しくなりますよ♩

 

ネイティブに近づきたい!

さてコミュニケーションの基本はハートだとさんざんここまでお話させていただきました。

それを踏まえた上で、この章では「英語を抵抗なく話せるようになってきて、よりネイティブに近づきたい!」

という方に向けてポイントをお伝えしていきます。

 

ネイティブのように話すには、ネイティブが使う英語の特徴を知る必要があります。

 

ネイティブの英語の特徴
  1. アクセント
  2. Linking(単語のつながり)
  3. 独特の発音

 

さて、それでは具体的にみていきましょう♪

 

アクセント

 

英語にもアクセントを変えると、ニュアンスが変わる言葉があります。

例えば、subject。

前半にアクセントをつけた場合

What is the SUBject of today’s lesson?

今日の授業の主題は何ですか?(名詞になる)

後半にアクセントをつけた場合

Our teacher is going to subJECT us to another test. 

先生は私たちに別のテストを課するつもりです。(動詞になる)

 

これは日本語でも同じですね。

たとえば、「ハシ」。

発音を変えるだけで「箸」「橋」「端」色んな意味に変わりますよね!

これを発音だけでなく、それまでのやりとりなどから私たちは判断して使っていますね。

 

難しく考えすぎることはないんですよ〜♪

皆さんは「ハシ」の違いを、ある日全部勉強して覚えましたか?

少しずつ日常生活の中で知っていきましたよね!

 

つまり、このポイントにおいては話している間に身についていくものでもあります。

どれだけ多くの英語を話すかということが大事になってきます。

 

興味がある方は“English words with multiple stress patterns”で検索すると色々と例が出てきますよ!

 

Linking

 

Linkingは、単語と単語がつながることで発音が変わることです。

Get it → ゲット イット×
Get it → ゲッティ(みたいに聞こえる)

英語は日本語と違い、子音の発音が多いのです。

なので、単語と単語がつながって別の発音に聞こえるのです。

 

これは知らないと、混乱の元になってしまうと思います。

こういうものだ。と割り切って使っていきましょう。

 

独特の発音

 

英語には、日本語にはない「」があります。

・「i」の発音

chicken→チキン×(”い”の発音では伝わりません
chicken→チェケン

どちらかというと「エ」になります。

・[a]の発音
「エイ」と「ア」と「オー」という3種類あります。
その中でも文頭のa の発音。

apple→アップル×
apple→ェアポォ

ちょっと無理してカタカナ表記にしました笑

「ア」と「エ」の中間のような音です。
(「エ」の口の形にして「ア」と発音するイメージ)

「r」と「l」の発音

「r」は舌を後ろに引いて「(ぅ)ア~ル」

「l」は舌を歯の裏につけて「エル」

なつ
たとえば「R」と「L」の発音が違えば、飛行機内でよく聞く Enjoy your flight が Enjoy your fright (恐怖を楽しんでね)になっちゃいます笑

日本語にはない「音」に困惑する日本人は多いですね。

 

発音に関してはこちらを参考にしてみてください。

魔法

英会話力アップ!発音がみるみる良くなる魔法の勉強法とは?

2019年2月25日

 

 

ネイティブは、赤ちゃんの頃から英語を使っています。

そのため、これらを自然と身につけ、さらに学校で教育を受けるのです。

 

Aちゃん
なるほどね~。確かに、最初にここまでを目指すと話し出すのが難しかったかも。それに英語が嫌になってたかも笑
なつ
うんうん。初心者さんは英語を楽しむところから始めることがおすすめです。でも、こういう違いがあるんだって知っておくことは、後々生きてくるからね。

 

初心者さんにはこちらの記事もおすすめです。

英会話が全くできない社会人は何をすべき?わかりやすくまとめました

2019年3月5日
the girl's in love and free

英語を好きになるにはどうすればいい?楽しむことから始めよう

2019年2月27日

 

ネイティブの英語の特徴を身につける方法

これはネイティブの英語をよく聞くことにつきます。

そのために、できることは

 

  1. 洋画や海外ドラマを見てのマネをする
  2. 洋楽を聴く
  3. 単語帳などの付属CDを聞く

 

これらのツールを使うことで、ネイティブの発音に触れることが出来ます。

映画はスラングなどが多く、口語を学ぶのにいいでしょう。

シーンから、状況に合った英語を知ることが出来ます。

なつ
ただし、洋画にしても洋楽にしても出演者やアーティストによっては言葉なまりがあって聞き取りづらいこともあるね。

ビートルズなんかは発音がよくておすすめです。

 

英語は自由な言語

私は海外へ行って英語を使ったときに気づいたのですが、案外みんな自由に英語を話しているんです笑

 

英会話をする人の大部分は、英語が母国語ではありません。

英語って、絶対こうじゃなきゃ伝わらない言語じゃないように私は感じています。

 

どんどん英語を話していると、ある日苦もなく話せるようになる日がきます。

そして、発音の仕方でヨーロッパの方から来たのかな~?アメリカの方かな~?

なんて出身がわかるくらい発音も聞き取れるようになります笑

 

焦らなくて大丈夫です。

自分のペースで、とにかく使い続けることが重要です♪

 

ネイティブのように話したい!と思う方の中には日常会話についてお困りの方もいらっしゃるのでは?

こちらの記事も参考にしてください〜♪

 

【英語】日常会話レベルの英語が話せるようなるために必要なことは?

2019年2月18日

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

\ オンライン英会話おすすめ3選 /

★今オンライン学習が人気です★

第1位 ビズイングリッシュ

第2位 ネイティブキャンプ

第3位 エイゴックス

★ランキング結果の詳細はこちらから

\ 英会話スクールおすすめ3選 /

★海外で働くことが夢なら★

第1位   Gaba

第2位  プログリット

第3位  ライザップイングリッシュ

★ランキング結果の詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です